モーターパラグライダー|栃木でドローン空撮ならスカイトライアルへ 商業空撮・スクールが充実

栃木のドローン空撮はスカイトライアルへ スクールも充実

年中無休:9:00~18:00 お気軽にお問い合わせ下さい

09098598309

お問合せ

モーターパラグライダー

モーターパラグライダー(パラモーター)とは

モーターパラグライダー(パラモーター)とは

モーターパラグライダー(パラモーター)の歴史もパラと同じフランスから始まりました。
排気量は80cc~200ccがほとんどです(例外もあります)
重さは12~30kgと幅があります。
日本で一番初めに輸入されたのはフランス製の2気筒450ccのエンジンで35kgも有りました。(自分もそれに乗っていました)
100%近くが2cyエンジンで、単気筒です。
山飛びでは、風向きが変わると離陸ができなくなりますが、パラモーターは平地から飛び立つので、パラの広げる方向を調整すればOKです。
離陸完了までは肩に重さがかかりますが、フライト中はそんなことはありません。
最大滞空時間は90分~3時間ほどで時速30~40k/mで巡航します。
金額は65~100万円以上と幅があります。
何故エンジンがついているのにウルトラプレーンのライセンスが要らないのかというと、飛行機の定義には3つの条件があるからです。

  • エンジン付き
  • 着座姿勢
  • 着陸装置としての3つ以上の車輪付き

我々は足で離着陸しているので、ウルトラプレーンにならないのです。そして、このメリットを生かして空撮の幅が広がっていきました。

パラモーター空撮の特徴

意図した画角、美しいアングル

意図した画角、美しいアングル

ドローンと比較した場合の出来上がりの差を述べてみましょう。
ドローンでは映像モニターを見ながらシャッターチャンスを選びます。
そしてフライト時間にそれほどの余裕はありません。
パラモーターではカメラマン自身の目で全体風景と相談しながら、どこに飛んで行けば最高の映像になるのかを直感で感じる事が出来ます。
しかし、一番大きな違いは人が乗っているためドローン規制対象外であり、高度や距離の制約がありません。

こんな時にご利用ください

こんな時にご利用ください

現在ではドローンでは撮れないようなシチュエーションがパラモーターの出番となります。

  • 長時間の上空待機をしなくてはならない時
  • 高度150mを超える上空からの鳥瞰図を撮りたい時
  • より高性能な大型のカメラやムビーで撮らなくてはならない時
  • 花粉採取装置等や大型の装置をドローンには積めず、実機のへりも頼めるような状況ではない時
  • 河川調査などで2km以上の距離を流し撮りしたい時

パラモータースクールの特徴

パラモータースクールの特徴

スカイトライアルでは、山飛びとパラモーターの両方をやっていることから、以下のような利点があります。

  • エンジンを壊すことが少なくなる。
    これは長くなりますが、お付き合いください。
    初心者にとって離陸は結構むつかしい物ですが、離陸をしない限りは着陸の練習ができません。
    何週間かかけてやっと空に浮かんだと思ったら、着陸で転んでエンジンを壊すような事はよくあることです。
    当校では山飛びもしていますので納得がいくまで、じっくりと着陸の練習ができます。
  • 山飛びとパラモーターの両方で使えるキャノピーをはじめから選ぶ事により、二重購入の必要がありません。(レスキューパラシュートの共有も出来ます)
  • 山飛びのP証を取得できるので、比較的楽に取れる「MPG証」か、将来に「補助動力証」を取るかの選択肢があります。

成長するほどに楽しくなるパラモーターの世界

成長するほどに楽しくなるパラモーターの世界

パラモーターをスタートしたばかりの方が、最初に苦労するのがテイクオフです。 飛んだあとのことを考えると、風は微風のほうが揺れなくて良いのですが、まず立ち上げがうまくいかずに苦労します。

立ち上げたあとは、スピードが出てくるまで加速をして行くのですが、そのあいだに「ローリング」と言って、キャノピーが左右に揺れ出すと転んでしまう確率が高いのです。
「ローリング」に入らずに完璧だと思っても、そこで油断してはダメです。
「飛び乗り」という、離陸スピードが付いていないうちに座ってしまうと、機体が沈みエンジンが地面と接触し、結局ペラを壊してその日は終了となってしまいます。
さらに着陸の練習は、離陸をしないと行えないわけですから、もう少しむつかしいかもしれません。

ただしスカトラでは山があるわけですから、始めのうちは山飛びで着陸練習を十分にこなしてもらいます。
最初のうちは着陸時にはエンジンをカットしてから、山飛びと同じように降りてもらっています。はじめから難しいことを言って驚かせてしまいましたが、今のフライヤーたちも似たような経験をしてきています。
大きな感動が待っていると思えば、これらの事は小さな「壁」としか感じなくなります。

モーターパラグライダースクールプラン・料金の詳細へ

ページトップへ

撮影のご依頼・スクールのお申込み・ご相談
なんでもお気軽にお問合せください!

年中無休:9:00~18:00 お気軽にお問い合わせ下さい

お問合せ