空撮業務|栃木でドローン空撮ならスカイトライアルへ 商業空撮・スクールが充実

栃木のドローン空撮はスカイトライアルへ スクールも充実

年中無休:9:00~18:00 お気軽にお問い合わせ下さい

09098598309

お問合せ

空撮業務

各種空撮に対応するスカイトライアル

各種空撮に対応するスカイトライアル

空撮ドローンが日本に上陸して数年が経ちました。
スカイトライアルでは、関東近県を中心に、日本全国だけでなく世界を対象に空撮業務を行っています。
空撮には現在はやりのドローンはもちろんですが、パラモーターを使った空撮との両方から選ぶ事ができるので、表現方法の幅がグ~ンと広がります。
それぞれに大きな違いが有り、特徴がありますので撮影対象物に合わせて選んでいます。

【別ページではそれぞれの得意・不得意などの説明をしています】

テレビ局からのご依頼から、過酷な雪山での撮影など、豊富な経験をもつ航空撮影カメラマンが、お客様の意図した画像を撮影いたします。
まずはお気軽にご相談いただき、空撮スクールを開講しているスカイトライアルならではの「安全性」「確実性」「高品質性」をご実感ください。
他社で断られた危険な場所での撮影に関しましても、アイデアを駆使しながら日本トップレベルの空撮技術者である代表が、親身になって対応いたします。

対応している空撮用途

TV局向け空撮

TV局向け空撮

TV番組でどのような景色を撮ってきたかは実績を見ていただくとして、常々感じていることがございます。
TV局のディレクターさんや監督さん達は、皆さん強いポリシーを持っており、注文を頂く請け手としては様々な要求に答えなければいけません。
無理をして今まで飛ばしたことがないような飛行方法でやらざるを得ないような時に、ほぼ墜落という事故が起きているようです。当方ではラジコンヘリの時代から空撮をしており、さらに様々なシチュエーションの中で実施してきたので、かなりの難易度までこなすことが出来ると思います。
【もちろん難易度が高いと、料金も上がります~(^-^;】

個人向け空撮

個人向け空撮

個人向け空撮で一番多かったのは、新築及び改装住宅の依頼でした。
プレゼントとして住人の友人からの依頼も有りました。
その次に小さな工場や住宅予定地などでした。
広大な土地を持っている方からの、有効活用の為に高高度の垂直写真を撮った事もあります。
現在は性能の良いドローンが出回っているので、依頼はほぼなくなりましたがドローンでは規制で高度が150mまでしか上げられません。
【そんな時こそ、パラモーターの出番です!】

商業空撮

商業空撮

TVはもちろんバンドGrのPV(プロダクションビデオ)撮影、記録映画撮影、YOUTUBE広告の為の撮影、イベント模様の実施撮影、国交省・防災研究所等の災害時の被害調査などで使われました。
非常に寒い所(北海道羅臼)から暑い所(沖縄伊平屋島)、高高度(エベレストカルタパール5600m)、ラジコンヘリでは風速15m/sの中で3週間の撮影もこなしたことがあります。

使用する撮影機材による映像(画像)の違い

パラモーター

パラモーター

ほとんどの場合カメラの取り付け位置は、座った状態の両膝で挟んで行います。
パラモーター(モーターパラグライダー)は、ドローンに比べて重いカメラを乗せて飛ぶことができるので(ペイロードといいます)、放送局用の大型カメラでの撮影も可能です。
河川等での長距離垂直撮影時には、膝から少し突き出したプレートにカメラ(ミラーレス一眼が望ましい)を下向きに取り付けて行います。

ドローン

ドローン

ドローン

カメラの大きさ・重さに合わせてドローンのサイズを決めます。
ドローンが大きくなればなるほど、リース料は高くなりバッテリーも高電圧になるために野外充電には2000w発電機が必要です。(1フライト・4~7分)
通常はミラーレス一眼や業務用の小型ハンディーカムが普通です。
バラエティー番組ではゴープロやファントム機にはじめから付属している4Kカメラで問題はないそうです。(1フライト・15分)
360度VRの撮影では、ほとんどの場合ドローンに取り付けたバーの下にゴープロを5~6つ、ドローンの上に1つ、合計6~7つのカメラで撮ります(現在のプロ使用)
ドローンはDJIS800かS900が使用できますが、S800の方がダントツに良いです。
理由はS900位の本体の肉厚があると地上側と上空側の映像の繋ぎ目に隙間が生じ、ステッチがうまくいかないからです。
最近はDJII nspire 1にゴープロ6台を取り付けるキットが出ていますが、プロ仕様としてはまだまだ難しい様です。
私自身はVR設定も編集も出来ませんので専門家をご紹介します。
キヤノン5Dを同じように取り付けるハブも出ていますが、あまりにも重すぎて空撮をする場合には特注ドローンを制作してもらう必要があります。

ラジコンヘリコプター

ラジコンヘリコプター

ドローンの性能が良くなって来たので、現在はほとんど使われる事が無くなってきました。

ただ、燃料で飛ぶので、長い時間を上空で待機しなくてはいけないような時に効果を発揮します。
ドローンに比べてかなりの強風まで耐える事が出来ます。
映画などで嵐の中をヘリがフライトができたりするのは、ローターの先端が300K/m以上で回っているのでどこから風が吹いてきても失速をしないからです。

ドローンとパラモーターの空撮での違い

ドローンとパラモーターの空撮での違い

ドローンのメリット
  • 離陸場所に悩まない
  • 高性能ジンバルにより揺れのない映像が撮れる
  • 機体を組んだまま運ぶならばフライトまでの準備時間が5分と短くすむ。
  • ホバリング撮影が得意である
ドローンのデメリット
  • フライト時間が短い(4~15分)
  • ドローン規制があり撮影範囲が狭くなる(人口密集地禁止/距離・目視範囲/高度・150m/夜間フライト禁止/自律航法禁止)
  • 以上のフライトの場合は、国交省に許可申請が必要(4~7日必要)
パラモーターのメリット
  • フライト時間が長い(1~3時間)
  • ペイロードが大きく大型のカメラや装置(花粉採取装置・レーザー測定器等)でも搭載が可能
  • 何キロメートル先でも流し撮りが出来る
  • 地上10cmから高度2000mまで高度を自由にもしくは変化させながら撮ることが出来る
  • 飛行機のように映像にバンクをつけた旋回が出来る
パラモーターのデメリット
  • 20m x 10m程度の離陸場所が必要
  • 風に弱いので揺れない映像を取るためには早朝か微風時のみとなる。
  • サイズが大きいので車運搬が基本である。飛行で運ぶような出張ではエンジン洗浄などの準備期間が長い

【撮影対象やシチュエーションと照らし合わせながら選ぶ事ができます】

ページトップへ

撮影のご依頼・スクールのお申込み・ご相談
なんでもお気軽にお問合せください!

年中無休:9:00~18:00 お気軽にお問い合わせ下さい

お問合せ